岡崎茨坪(ばらつぼ)伝道所
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホセ・ムヒカ元大統領来日!茨坪の藤棚がきれい!
4月と5月の茨坪での集会予告 

 4月24日 分かち合い礼拝「江戸学に学ぶ」 担当 NAさん  
 5月1日 分かち合い礼拝 「パウロの信仰義認論は異邦人差別を生んだ」
                      担当 森山昭雄さん
 8日 佐藤牧師メッセージによる礼拝  司会 YNさん
 15日 島しづ子牧師メッセージによる礼拝 司会 STさん
 22日 子どもスペシャルデー 場所 東公園  内容などは未定です。
 29日 聖書研究 使徒言行録20章~ 担当 MTさん

  
ホセ・ムヒカさん来日!

  
世界で一番貧しい大統領と言われた前ウルグアイ大統領が来日され、その生涯の生き方と言葉が紹介されました。ボクは半年くらい前に、友人からムヒカさんを紹介する本を読むことを勧められ読み、深く感動しました。そして、新聞やテレビで紹介された記事を見て、再び感動しました。
ホセ・ムヒカの記事 (2)
 上の新聞記事では字が細かくて読めないと思いますので、ホセ・ムヒカさんの略歴をウィキペディアの記事から抜粋したものを下に記載しておきます。
ムヒカの祖先はヨーロッパにあるバスク地方のビスカヤ・ムヒカスペイン語版出身であり、1840年にウルグアイに渡った。ムヒカは1935年にウルグアイの首都モンテビデオの貧困家庭に生まれた。家畜の世話や花売りなどで家計を助けながらも、1960年代に入って極左都市ゲリラ組織ツパマロスに加入、ゲリラ活動に従事する。モンテビデオ大学卒業後、ツパマロスと治安組織の抗争の激化、労働組合や職人組合の政治経済への反発といった時代のもと数々の襲撃、誘拐にたずさわる中で、ムヒカは6発の銃弾を受け、4度の逮捕(そのうち2回は脱獄)を経験する。1972年に逮捕された際には、軍事政権が終わるまで13年近く収監されており、軍事政権側の人質として扱われていた。ムヒカは出所後、ゲリラ仲間と左派政治団体を結成し1995年の下院議員選挙で初当選を果たす。2005年にウルグアイ東方共和国初の左派政権となる拡大戦線のタバレ・バスケス大統領の下で農牧水産相として初入閣。そして2009年度の大統領選挙戦で、元大統領である国民党のルイス・アルベルト・ラカジェ公認候補を決選投票で破り勝利した。
   すごい経歴ですね。まさにゲリラの闘士です。大臣になってからも、2009年に大統領に就任してからも、一貫して議員給与は大部分を慈善事業に寄付し、清貧な生活を守り、「世界一貧しい大統領」として知られています。知られるようになったきっかけは、大統領就任時の国連における演説でした。並みいる各国の首脳を前に、分かりやすい言葉で戦争政策や経済格差に対する政策、さらには環境政策を批判し、貧しくなることの意味を演説して、聴衆を感動させたことでした。ほくは、半年ほど前、友人にこの人を紹介する本を貸してもらい、その演説を読んで深く感動したことを覚えています。彼の語る言葉のうち、心に残った言葉を墨書しました。
いまだに人類は (2)

   安倍首相の「戦争法」に批判的なのはもちろん、戦争放棄という文言を使うところからも、日本の平和憲法を高く評価しています。上の言葉にあるように、「先史時代」というのは面白いですね。この精神からは、安倍内閣の政策は先史時代に戻そうとすることとしていると考えるのは当たり前です。
貧乏とは (2)

 ボクが一番感動したのは、彼の生き方です。議員に就任して以来ずっと、給与の9割は慈善団体に寄付し、自らは貧しい質素な生活を貫いてきたことです。しかし、彼は貧乏だとは思っていないのです。自分はリッチだと言います。正確に彼の言葉ではありませんが、持っていないことが不幸なのではなく、持たないことの方が幸せなのだ、と言います。なぜならいろいろの物をもつとそれに心を使い苦労が絶えない、しかし持たないとその心使いから解放されるのだ、というのです。
  名言ですね。安倍首相に聞かせたい言葉です。アベノミクスとは、この「もっともっと」経済成長すること、つまりお金儲けをする環境整備のための政策です。日本のは、昔から「足るを知る」という倫理がありました。欲望は切りがありません。これは「もっともっとと欲しがる」ことへの慎みを教える格言ですね。こんなに豊かになったのに、「もっともっと欲しがる」気持ちを起こさせる政策なんて、もう脱却していかなければならないでしょう。
 桜の季節が過ぎ、茨坪はフジの花が美しい季節になりました。茨坪の藤棚がきれいです。
茨坪の藤棚
  下の写真の植物は、オオニソガラムという名の植物です。ずっと名前が分からなかったのですが、植物に詳しい友人から教えていただきました。球根植物だそうです。まだ花が咲き始めたところで、群生する性質があり、満開になると白い花が一面に咲いてとてもきれいです。
オオニソガラムの花は 
  伝道所の前の道路には、ハナミズキが街路樹として植えられており、今開花が始まり、花がとてもきれいです。赤い花と白い花があり、そのうちの赤い花を写したのが下の写真です。
オオニソガラムの花は

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。