岡崎茨坪(ばらつぼ)伝道所
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集会所の内部をご紹介!イースターの礼拝風景を写しました!
    二回前のブログでは、集会所の外の庭の風景をご紹介しました。今回は、主として集会所の中の集会の様子をご紹介します。
 その前に、先回は集会所入口の枝垂れ桜がまだつぼみの段階でしたが、今はまさに満開です。その写真をお見せします。とてもきれいなのです。

茨坪入口の桜

桜の花が
    さて、4月5日はイースター(復活祭)でした。集会所の中は、下の写真のようにテーブルを囲んで牧師の説教(メッセージ)を聞きます。小さな集会所です。畳にして16畳分の広さしかありません。調べてみないと分かりませんが、おそらく15年くらい前に建てられたものです。内部は間伐材の杉を使った木造の温かみがある部屋になっています。外からこられた方は、「この雰囲気は癒しの場ですね」と言ってくださいます。礼拝は、こんなふうにテーブルに座る人、椅子に腰掛ける人など個人の状況に合わせて自由に選べます。疲れている人はソファーに腰を下ろします。こんな狭い集会所ですが、かつて村上 伸牧師をお招きしたときは、50数人の人が入って礼拝をしたことがあるのですよ。もちろんテーブルやソファーを撤去してです。

礼拝の風景

  入口の掲示板には、各種の集会案内や親しい方々の手紙などが張り出されています。クリスマス集会の時の集合写真もあります。その下には、茨坪の各メンバーへの印刷物などを入れるウオール・ポケットがあります。 
 
入口の掲示板など

  下は、礼拝には欠かせない奏楽や讃美歌を歌うときに使うリード・オルガンがあります。近くで耳を澄ませるととても良い音がするのです。背後の壁に吊るされているのは、メンバーのひとりの方が使い古したギターを、壁の飾りに寄贈していただいたものです。さまになっていますね。

オルガンと説教台

  集会所の壁には、茨坪のメンバーで天に召された方々の生前の写真を飾っています。いつまでもキリスト者として生きた故人を忘れないためです。毎年11月には、召天者記念礼拝を持っており、遺族の方々と共に個人の生を偲んでいます。
召天者の写真を

  下は、台所です。茨坪では、月に二回、愛餐会(食事会)をして交わりを深めているのですが、調理するのはこの台所です。左の壁に掲げられている書写は、遠くの方から送られてきたもので、勢いのある素晴らしい字ですので、掲げています。

台所

  茨坪の愛餐会の様子が下の写真です。それぞれのメンバーが自宅で用意してきたおかずを持ち寄り、ドンブリのご飯の上に載せて食べるのです。称して「茨坪ドンブリ」。格好のいい名前なのですが、その目的は、それぞれの料理にお皿などを用意すると、食事の後洗う仕事が増えるのを防止するためなのです。女性たちは主婦のベテラン、とてもおいしい料理を用意して下さいますので、つい食べ過ぎてしまうほどです。そして、この食事でみんな親しくなります。同じ食卓を共にすることの楽しさですね。

茨坪の愛餐会

  今日はイースター。先日紹介したMさんは毎年イースター・エッグを作って持ってきてくださいます。今年の作品は、下の写真です。先回紹介したように、Mさんは絵心があって、卵にも見事な絵を描いてくださるのです。卵を割って食べることが気が引けるような思いです。それも一つとして同じ絵はないのです。こんなきれいなイースター・エッグをいただける教会は少ないでしょうね。
Mさんのイースター・エッグ

  一つだけ取り出してアップしたのが下の写真です。見事な絵ですね!
イースター・エッグ









  

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。