岡崎茨坪(ばらつぼ)伝道所
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mさんの「廃材を使って楽しむ」をご紹介します。廃材アートは楽しい!
  私たち茨坪伝道所は、2014年度の総会で、月に1回の集会は「分かち合い礼拝」を決め実行しています。「分かち合い礼拝」というのは、茨坪のメンバーがそれぞれ抱えている問題や興味を持っていることを披露し合って信仰を分かち合うという趣旨で行われています。本の紹介をする人、趣味を語る人、仕事の問題を話す人、聖書の勉強をしたことを話す人、それぞれの話題から話が展開してとても面白いのです。
  今回紹介するのは、Mさんによる「廃材を使って楽しむ」という題ではなされました。Mさんは建築関係の仕事をしており、仕事上たくさん出る廃材をうまく利用はできないかと考え、廃材を使っていろいろと面白いものを作ることを趣味にしています。実際に作った作品を持ち込んでこられ、実物を見ながらのお話はとても面白かったのです。その一部をご紹介します。

  下は、針金を使った造形で、ピラミッドみたいな形を表現しています。Mさんは絵ごころのある人ですね。針金でこんな造形が出来るなんて面白いです。右下の色とりどりの物は、木片を削って形を作り、それに絵を描いたものです。


ワイヤーで工作

  下は、ティッシュペーパーの使い終わった箱に絵を描いたもの。面白い顔が描かれていて子どもが喜びそうです。

ティッシュペーパーの箱を

  これはなんでしょうか。誰しも不思議に思う造形ですね。木の枠に白い針金を引き、それに黒い足跡が描いてあるものです。Mさん曰く「だれでも不思議に思うものが絵を描くおもしろさです」と言うのです。なるほど!

これは何だ?


  下は色塗りをした積み木です。話を聞いていたメンバーの子どもさんがすぐに遊び始めました。色の違う大小のいろいろの形の積み木は、子どもたちが直ぐに飛びつきそうですね。建築現場はそんな端材がたくさんでるのを利用するなんて楽しいですね。

木切れで積み木を

  下も、木材の端材を使った造作です。これも絵心がないとできませんね。

木切れで作る

  建築現場では、防水シートなどロールに巻いたものが色々とありますが、使い終わったその芯は捨てるだけなのですが、それに絵を描いて利用したものだそうです。きれいですね。

廃材の筒による工作

  Mさんが絵心の持ち主であることは、下の写真の絵でも分かりますね。抽象絵画で色の配列が素晴らしいです。

抽象画が描かれて

  下も同じです。色の配列が見事です。

きれいな絵が

  Mさんにこんな特技(趣味)があるなんて、一同驚きの声を上げました。普段真面目一筋の人という感じとは異なった人柄に、みなさんが驚いたのです。Mさんは工場の片隅で、暇があるとこういう工作や絵に没頭するのだそうです。こういう分かち合いも楽しいですね。


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。