岡崎茨坪(ばらつぼ)伝道所
201509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201511
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
堀川伝道所、秋の伝道講演会(10月18日)、茨坪の「人間社会歴史を考える集い」(11月3日)ご案内
     10月と11月の主日の集会予定
 
★10月11日 分かち合い礼拝 担当 森山昭雄さん「七十人訳ギリシャ語聖書の成立の背景」についてお話し話題を提供します。

★10月18日 堀伝秋の伝道講演会と礼拝(詳細は下記)

★10月25日 聖書研究 担当 MTさん

★11月1日 大宮牧師のメッセージによる礼拝

★ 11月3日(祝日)武井陽一さん交流会(10:00~)と 「人間・社会・歴史を考える集い」  
 (13:30~) 藤川駅前の「むらさきかん」にて
(詳細は下記)

★  11月8日 テープ説教 担当未定

★  11月15日 召天者記念礼拝 島しづ子牧師のメッセージ(詳細は後述)

★  11月22日 聖書研究 担当未定

★  11月29日 分かち合い礼拝 担当 NKさん。

◎茨坪の看板に「剣を取るの者は、皆、剣で滅びる」を墨書して掲示しました
≪アベ政治を許さない≫というポスターが台風の嵐ではがれてしまいましたので、それに倣って新しく筆で聖書の言葉を書きました。もう少し達筆だと良いのですが、・・・。

resize0730.jpg 

茨坪集会所の近くに、ヒガンバナが美しく咲きました!

resize0731.jpg 

オシロイバナも咲いています。

resize0729.jpg 



2015年 名古屋堀川伝道所・伝道講演会

「たねまき」ではなく「刈り入れ」を!


―「あなたたちが自分では    
労苦しなかったものを刈り入れるために、
わたしはあなたたちをつかわした」
(ヨハネ4:38)― 


講師 カトリック・神父 本田哲郎さん


                           
名古屋堀川伝道所は、開設47年になります。小さな群ですが、生かされている時代の課題を担いながら、聖書の言葉から生きる力をいただきたいと願って、毎年秋に伝道講演会を行っています。今回は、釜ヶ崎での出会いから聖書の個人訳を出版しながら、福音のもつ深みを証しておられる本田哲郎神父にお話しいただきます。ご参加をお待ちしております。

日時:2015年10月18日(日)13時30分~15時30分
≪参加費:無料≫
会場:名古屋YWCA 2階201・202室

(地下鉄・栄駅⑤番出口、東へ200m)
なお、当日11時から同会場で、名古屋堀川伝道所主日礼拝(説教:島しづ子牧師)があります。
ご自由に参加ください。

講師プロフィール
本田哲郎(ほんだ・てつろう)さんは1942年生まれ。上智大を経て、ローマ法王庁立聖書研究所を卒業。1983~89年、フランシスコ会日本管区の管区長。1991年から、野宿労働者が集まる町、大阪・釜ケ崎の2畳1間のアパートで暮らし始める。一貫して野宿労働者のために働きながら、聖書の翻訳をとおして福音を現代に訳しておられる。新共同訳聖書編集委員。

〈著書など〉                        
聖書の個人訳:『小さくされた人々のための福音』、『コリントの人々への手紙』、『パウロ「獄中書簡」』、『ローマ・ガラテヤの人々への手紙』(いずれも新世社)
著書:『イザヤ書を読む』(筑摩書房)、『小さくされたものの側に立つ神』、『続 小さくされたものの側に立つ神』(ともに新世社)、『鼓動する東アジアのキリスト教』(共著、新教出版社)、『釜ヶ崎と福音』、『聖書を発見する』(ともに岩波書店) 他多数。

主催:名古屋堀川伝道所 (問い合わせ先:052-698-2103)
協賛:岡崎茨坪伝道所






岡崎茨坪伝道所
「人間・社会・歴史を考える集い」のご案内


 岡崎茨坪伝道所は、イエス・キリストの生き様を学びつつ、その視点で現代社会の様々な問題を市民の皆さまとともに考える集いを開いてきました。今回は、今、社会問題にもなっている「心の病」を考える集会を企画しました。
 精神科の医師をお招きして、患者さんが激増している問題の背景を知り、この病に対する理解を深めるとともに、どのように克服していけばよいのかをご一緒に学びたいと願っています。プロフィールにあるように、講師の武井 陽一氏は、長年にわたり子どもたちの発達障がいや精神病患者さんたちの臨床に携わってきました。豊富な経験を持つお医者さんのお話は、問題解決のヒントが与えられると思います。どなたでも参加できます。ぜひ参加されますよう、ご案内いたします。

========================


日時:2015年11月3日(祝日) 13:30~16:00
場所:岡崎市東部地域交流センター「むらさきかん」
   2階 第3活動室
所在地 岡崎市藤川町田中19 電話 0564-66-3066
 名鉄藤川駅のすぐ前、道の駅・藤川宿の隣り(藤川駅は名鉄の準急または普通が止まります)。
 車で来られる方は、国道1号線で道の駅・藤川宿の信号(三河高校前)を入る。駐車場完備。

演題: 「心を開きあうために」
―広大な牧場内で精神科臨床に携わるに至った体験を通して―


講師:デンマーク牧場福祉会 
   こひつじ診療所 院長 武井 陽一さん


========================


武井 陽一さんのプロフィール
武井医師は、1957年生まれ。浜松医大卒。児童精神科医師。日本キリスト者医科連盟会員。名古屋大学精神科などで4年の研修を経て、聖隷三方原病院(浜松市)に1987年から20年間勤務。2007年7月より、デンマーク牧場福祉会(静岡県袋井市)において、特別養護老人ホーム「ディアコニア」、児童養護施設「まきばの家」、自立援助ホーム「こどもの家」に続いて、「こひつじ診療所」が開設され、診療を続けている。豊かな自然に心いやされ、酪農、農業、園芸などの作業ができる環境の中で、子どもや発達障がい者にも対応できる、精神科療養所として、地域に密着し、特色のある福祉医療活動を実践している。「ラルシュ・かなの家」(静岡市)の仲間たちとの交わりも続けている。また、大学時代より「浜松市憲法を守る会」の月1回の平和行進にも(通算583回目)参加してきた。

========================


午前10:00~11:30
   武井 陽一さんを囲んでの交流会
午前中は、茨坪集会所で武井さんを囲んでお話を聞き、交流を深めます。武井さんは、浜松聖書集会の代表者のお一人です。どなたも気軽にご参加ください。
お話の題:「キリストにある友」
聖書 Ⅰコリント1:18 及び Ⅰコリント1:26~2:5
茨坪集会所の地図は裏面にあります。なお、駐車場のスペースが狭いので、車で来られる方は下記の番号に電話してくださるか、近くのパッケージ・プラザ(約400m南)またはサイゼリヤの駐車場を利用してくださると有難いです。午後も参加し、昼食をご一緒にと望まれる方は、事前にその旨お知らせください。藤川の会場近くに移動して食べます。 

========================


日本キリスト教団 岡崎茨坪伝道所
牧師 佐藤 直樹
集会員一同

〒444-0077 岡崎市井田町茨坪34-320|
連絡先 080-5292-4235(森山)
080-3620-2555(佐野)


スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。