岡崎茨坪(ばらつぼ)伝道所
201506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴挙!安保法案の強行採決は、断じて許されない!「剣を取る者は皆、剣で滅びる」
暴挙!安保法案の強行採決は、断じて許されない!
 
こんなことが許されるのか!民主主義の破壊です!
 私たちは、今週中にも強行採決が行われる可能性があるということが報じられ、急遽、安保法案に反対する旨の緊急声明を内閣に送ることにし、メールのやりとりで文案を決め、昨日、内閣総理大臣と与党、および野党各政党に送りました。発送作業を行っている最中に(7月15日午前中)、強行採決が行われていたのです。権力のおごりの極みです。

 私たちは、今週中にも安保法案が強行採決されてしまうという事態に黙っていることが出来ず、急遽、下記の声明文を作成し、内閣総理大臣と与党、および各野党の政党に送りました。文面にあるように、私たちは「わたしたちの告白」をキリスト信仰のかなめととらえ、礼拝の中で唱和しています。40年も前に作成されたにもかかわらず、その内容が今の時代にも色あせるどころか、今こそ必要な内容であると考え、告白そのものを多くの人に知らせたいということで、この声明を作成しました。下記の声明を、「わたしたち告白」と合わせて、ぜひお読みいただきたいと思います。


内閣総理大臣 安倍 晋三様

「剣を取る者は皆、剣で滅びる」


 私たち日本キリスト教団岡崎茨坪伝道所は、別紙の「わたしたちの告白」(以下、「告白」という)を1974年以来キリスト教信仰の根幹として保持し、尊重してきました。この「告白」は、先の大戦での教会の誤った姿勢を反省し、まことの神ではないものを奉じてしまったことを過ちとして告白し、平和と共生の世界を作り出す担い手となる決意を明らかにしています。
 私たちは、国家が軍備を増強し、集団的自衛権を容認しようとしている現在の状況は平和の危機であり、再び過ちを犯すことになることを憂慮します。そして、告白以来40年を経た今も、この「告白」が色あせるどころか、今こそ必要な内容として息づいていることを確信し、安易かつ短兵急な「安保法案」法制化は将来への禍根を残すのではないかと危惧せざるを得ません。
 私たちは、3.11のフクシマの原発災害の原因解明が不十分なまま、核兵器に転用することが可能な核エネルギー(原子力エネルギー)乱用政策を推進することに、強く反対します。また、沖縄に犠牲を強いている軍事基地の撤去を強く求めます。辺野古への基地建設は認められません。
 私たちは、軍事力によって問題を解決しようとする安保関連法案に、強く反対します。なぜなら、「剣を取る者は皆、剣で滅びる」(マタイによる福音書26章52節)からです。そして、「平和を実現する人々は幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる。」(同5章9節)とのキリストの言葉によって、神に希望を置き、平和を希求するものです。
 日本国憲法の崇高な理念に立ち返り、平和主義にもとづく外交と対話による政策を願ってやみません。


2015年7月12日

日本キリスト教団岡崎茨坪伝道所 集会員一同
愛知県岡崎市井田町茨坪34-320




今後の主日の集会予定

 7月26日 テープ説教 担当 SMさん

 8月2日 佐藤牧師のメッセージ礼拝 司会 MAさん

 8月9日 分かち合い礼拝 担当 MTさん

 8月16日 島 耕一牧師のメッセージ礼拝  司会 KHさん
 
 8月23日 聖書研究 使徒言行録5章~ 担当未定

 8月30日 子どもスペシャルデー、くらがり渓谷で遊ぼう! 
   7月26日に予定していましたが、参加者が少なくなりそう、ということもあり、
  日程を一月ほど遅らせました。どなたも気楽にご参加ください。

スポンサーサイト
★アガパンサスがきれいに咲きました!

 梅雨に入り、庭のアガパンサスがきれいに咲きました。本当の名前は、ムラサキクンシランというのだそうです。淡い紫色の花がきれいですね。

アガパンサス満開 

★お隣のブドウ畑のブドウの実が大きくなりました!

  
茨坪集会所のすぐ東側は、広いブドウ畑が広がっています。下の写真のように、ブドウの実が大きくなり、たくさん垂れ下がっています。巨峰です。8月中旬のお盆のころに収穫され売り出されます。美味しいのです。以前は、落ちたブドウの実を段ボールにいっぱいいれていただいたこともあります。いわゆる落下ブドウです。それでも美味しくて、その味を堪能しました。またそこにはイチジクも植えられています。聖書には、ブドウやイチジクの記事が多いですね。

 他所から茨坪伝道所に来られた方から、「茨坪なんて、イエス様のイバラの冠を象徴しているようで、良い名前ですね。」とよく言われます。茨坪は地名なのです。おそらくこの周辺は、かつてはノイバラが生い茂る所だったのでしょう。イバラが生える森は、その棘が痛くて入り込めないような荒れてところだったのでしょう。今はすべて快適な住宅地になっていますが、この地を開墾した人々の苦労がしのばれます。


大きくなったブドウの実 


★ 6月、7月の主日の集会予定

6月28日 テープ説教礼拝 担当 YMさん

7月5日 佐藤牧師のメッセージによる礼拝

                    司会 YTさん

12日 聖書研究 使徒言行録3章~担当 STさん

19日 島 耕一牧師のメッセージによる礼拝

                    司会 YNさん

26日 夏の子どもスペシャルデー くらがり渓谷にて

★森山昭雄さんの随想『野の花、空の鳥を見よ!』をアップ!

 
このブログの管理人である森山昭雄は、5年前(2010年12月)に表記の随想を自費出版しました。A5版60ページほどの小冊子です。たくさん印刷しなかったので、残部が少なくなってしまいました。そこで、このホームページをお借りして、全文を載せさせていただくことにしました。私は、この聖書の言葉にキリスト信仰を開眼させられましたし、深く心を養われました。その感動の言葉を、多くの人に理解してもらいたいと思って書いたのです。定年退職後のひまになった時間を使って、心血を注いで書きました。今、読み返しても、感動して心が震えます。

 この随想は、始めは10数ページで書く予定でしたが、大分長くなってしまいました。というのは、聖書のイエスの言葉は意味深いので、内容的に次から次へと話が展開していってしまうこともあるのです。また対象者をキリスト者だけでなく一般の人にもと思っていましたので、キリスト教に関する基礎的な知識がないと分かりにくいと思い、その説明を付け加えたためでもあります。

 出版してみてお面白かったのは、キリスト者からよりも、一般の方からの反応が多くあったことです。とくに仏教者から、キリストの生き方の共感を持ったなどのコメントをいただきました。キリスト者には、僕の考え方は過激に思われたのかもしれません。

 ご一読いただければ幸いです。読後感想などお寄せいただければ嬉しいです。



★島しづ子牧師のメッセージ「ヨナ物語の不思議」をアップ!
6月21日のメッセージを載せました。是非お読みください。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。